シールの使われ方と有用性と良いシールの条件

シールといいますと小ぶりな紙片に図案や印刷したものの裏面に糊を塗布する事で、他の紙や物体に容易に貼付できる長所を持つ紙片であります。
このシールの事務的な部門での利用例を挙げますと、誤記の訂正用に誤字に対して上から覆うことで誤記の訂正を行う事やあるいは、宛名ラベルに用いる事が挙げられます。
また、販売・小売部門では、スタンプカードの様に台紙と共に点数などが記されたシールを配布する例が見られます。
また製造部門では、検品時に基準を充足した商品に検査済みの証紙を貼付する例があり、小売店では、値札ラベルや賞味期限表示といったものに多用され、この様に企業では、様々な部門でこの糊付きの小紙片が使われています。
このシールを企業においての業務用として用いる際には当然たくさんの枚数を一定の品質において予算の範囲内で調達することが求められます。
つまり品質面と予算面を満たした調達が絶対条件となるのです。
もちろん内容の正確性や美麗さも必須条件であります。
言いかえますと、無駄とムラのない製品である事が絶対なのです。
使い方が貼付でありますから、塗布されたノリがすぐはがれるような品質のものではいけません。
すぐはがれる様ではその役割は果たせません。